ワンオーナーカーの証拠があれば査定上有利になる

中古軽自動車が高く売れるかどうかのポイントの一つとしてワンオーナーなのかどうかということがあります。

ワンオーナーというのは新車で購入してから中古車として販売するまで一人の所有者だけが乗っていたという車のことです。

やはり中古車でも何人もの人が乗ってどんな乗り方をしてきたのかわからないような車よりも、一人の人が乗っていた車の方が変な癖もなく状態も良いことから、高く買い取ってもらえる可能性が高いのです。

車歴がはっきりわかっている車は何かと買う側も安心ですが、中でもこのワンオーナーであるということは重要です。

何人もの人によって様々な乗り方をされてきた車よりも、ただ一人の人が乗って来た車のほうが高品質とされるのは当然のことだと思います。

中古車を売却する際には、ワンオーナーの車だとプラス要因になりますから、この点を頭に入れておき査定の時にアピールすればいいでしょう。

中古車を購入する側の人の多くも、ワンオーナーカーを希望することが多いですからそれだけワンオーナーの中古車というのは需要が高いことになります。

ワンオーナーの車を中古車として買い取ってもらうときには、高く買い取ってもらえますが、新車で購入してそれからずっと乗っているということの証拠として「ディーラーの保証書」が必要ですので必ず用意しておくようにしましょう。

中古車として買い取ってもらうと決めたらすぐに探して準備しておきましょう。

このディーラーの保証書がなかった場合には評価してもらえないことがありますから注意が必要です。


このページの先頭へ