軽自動車の査定には取扱説明書、整備手帳を用意する

軽自動車を高く売るポイントとして意外に重要なのが取扱説明書、整備手帳です。

今時の車は操作がコンピューター化されていることが多く、取扱説明書は正しい操作のために欠かせません。

もし取扱説明書が無いと色々な機能があっても新しいオーナー使いこなせないことになります。

取扱説明書は紛失しないように車と不可分のものとして常に車に積んで置けばいいでしょう。

また、整備の記録である整備手帳(定期点検記録簿)は人間でいえば人間ドックの健康管理証明書のようなものです。

普通自動車はもちろん軽自動車でも法定点検は大切でであり、それを記録した整備手帳はやはり車検証にはさむなどして車に積んでおくのがいいでしょう。

また保証が効いているものがある場合は保証書もすべて用意したほ方が有利になるでしょう。

すべての保証書類がそろっていないとなると、軽自動車の査定の際に響くこともありますから、探して用意しておきましょう。

またオーディオなどをそのままとりつけて軽自動車として高く売りたいと思っている場合にはオーディオなどの取扱説明書も用意しておいたほうがいいです。

ともかく査定する軽自動車に関する取扱説明書のすべてを用意しておくということが軽自動車を高く売るポイントになります。

査定をする段階ですべて用意して揃えて持って行っていると査定をする際にも好印象になりますし、プラスの査定の可能性が高くなります。

意外と軽自動車に関しては色々と整備をしたりしている割に、説明書などについてはきちんと用意ができなかったという人が多くて高く買い取ってもらえない場合がありますから、取扱説明書の準備も忘れないように査定の日までに揃えて準備しておくようにしましょう。

またスペアキーや、社外パーツをつけている場合は取り外した純正品も見てもらえるように用意しておきましょう。


このページの先頭へ