軽自動車は走行距離をあまり気にしなくていい

軽自動車を査定してもらう場合、走行距離は査定額にどう影響するのでしょうか。

標準的な年間走行距離は普通自動車は1万キロですが軽自動車の場合は8千キロと言われています。

軽自動車はちょくちょく遠出に使う車でもないですから、まあ普通に乗っていればこの標準的な8千キロ前後の走行になるのではないでしょうか。

標準を大きく超える走行距離の場合は、普通自動車と同じくマイナス査定の要因になるようです。

当たり前ではありますが走行距離が少ない軽自動車ほど高く買い取ってもらえる可能性が高いでしょうから、いずれ買い替え時には少しでも高く売りたいという人は、走行距離を意識した乗り方をする場合もあるかもしれません。

でも軽自動車の便利さというのはいつでも好きな時に好きな使い方が出来るという点でしょうから、いつも売る時のことを考えて走行距離を気にするというのも何か本末転倒のような気もします。

ネットなどでは「5万キロを超えると基本的に査定ゼロ」というような話もあったりしますが、実際に中古車販売店などを覗いてみると決してそんなことはありません。

走行距離の限界が10万キロと言われている普通自動車ですが、20万キロ、30万キロの車でも海外で立派に現役で走っているように、軽自動車でも5万キロ越えの車が50万円を越す値段で普通に売られています。

そもそも日本の車の耐久限界はかなり余裕を持って設計されているといいます。

メンテナンスがきちんと行われていれば軽の5万キロなんて限界なんかではないということです。

売ろうとしている軽自動車が多少古くて走行距離が5万キロを超えていても、その走行距離が経過年数なりのものであればマイナス要因になることはほとんどないと思います。

年間1万5千キロや2万キロを走るというのでは「過走行車」扱いになるでしょうが。

まあ軽自動車の場合は、極端な乗り方をしていない限り査定の時に走行距離が大きなマイナス要因になることはないと考えていいでしょう。

ただし、中古で購入した軽でメーターを交換している経歴が残っている場合や、記録簿がなくなっているという場合には、走行距離がわからなくなっていますから売却の際にはマイナスポイントになるでしょう。

中古の軽を買うとき、まずはメーターに交換歴がないか、記録簿がきちんと残っているのか確認する必要があります。


このページの先頭へ