修理費のかかるキズ、ヘコミはそのままで査定を受けるのがポイント

軽自動車の査定を受ける前に自分で出来る範囲の補修は出来るだけしておきたいものですね。

最近はカー用品もとても優れたものが売られています。

ドアの周りの細かいキズや少しくらいのこすり傷ならほとんどわからなくなるぐらいまで補修できる「キズ消し剤」もあります。

また、ウィンドウ周りなど経年変化で白っぽくなったプラスチックやゴム部分のツヤを回復する「保護艶出し剤」(ARMOR ALL など)も手軽に手に入ります。

このようなカー用品店で手に入るもので出来るキズなどの補修は大いにやった方がいいでしょう。

洗車、ワックスがけとともにこのような一手間をかけると、車の外観がリフレッシュされて印象がずいぶん変わるものです。

問題は、自分では手に負えない大きなキズやへこみがある場合はどうすればいいのかということです。

軽自動車を高く売りたいと思っている人の中には、キズがついた軽自動車や、へこみのある軽自動車を修理をしてから査定をした方が少しでも高く売れると思っている人も多いかもしれません。

しかし実際には軽自動車のキズやへこみを自分で直してから査定に出しても、修理代の方が高くついてしまうというケースが多いといわれています。

たとえば、修理工場で3万円をかけてキズをきれいにしても、それによる査定額のアップは1万円にしかならないといった感じです。

なぜそうなるかというと、キズの査定減は業者価格(私達が修理するよりはるかに安い)で修理する費用見合いの金額なので、自分で修理しても査定のアップ額が修理費を上回ることはないからです。

ですからもしも軽自動車でキズやへこみがあって高く買い取ってもらうために、へこみやキズを修理してから査定してもらおうと思っている人は、まずその考えを捨てることです。

キズやへこみの修理は、素人が発注すると高くつくからそのままで査定に出した方がいいということです。

少しでも軽自動車を高く売りたいと思っている人は多いと思いますがこの場合にはあまり余計なことをしない方がいいというわけですね。

まあ例外というのもあるかも知れませんが、もし査定をしてもらった段階で修理をした方が高く買い取ってもらえるということが分かった場合には、それから修理に出しても遅くはないと思います。

軽自動車の買い取りをしてもらう際、修理工場で直すようなキズ、ヘコミはそのままの状態で査定してもらった方がいいと覚えておきましょう。


このページの先頭へ