査定前の洗車と車内の清掃は常識的マナーと心得よ

軽自動車を少しでも高く査定して欲しいと思うなら、査定を受ける前に洗車をしておくことを忘れてはいけません。

洗車しても査定額が上がるわけではないから無駄だという意見もあるようですがそんなことはないと思います。

お見合いでも就活の面接でも同じですが、自分を評価してもらう場にわざわざ汚い身なりで臨む人はいません。

新車と違い中古車は「状態」が勝負、そしてその「状態」はオーナーの車の乗り方、メンテナンスによって違うことになります。

軽自動車を査定してもらう時、車を汚くしておいて「この車は大切に扱われていない」という第一印象を査定マンに持たれることは決して賢いことではありません。

洗車をする意味は「綺麗だと査定額が上がる」からではなく、査定マンに「この車は大切にされてきた」と思ってもらうためです。

また、洗車はもちろんのことなのですが、車の中の清掃、整理整頓もしておくべきです。

車の中にまだいらないものや私物がそのままになっているという人は、片付けてから軽自動車の査定を依頼しましょう。

車の中がきれいに整頓されていれば査定がしやすくなりますから査定のポイントがアップしやすくなりますし、アピールを聞く耳も持ってもらえるでしょう。

「大事に乗ってきたんですね」なんていう感想を査定マンから引き出せたらグッドです。

軽自動車を少しでも高く売りたいと思っている人はぜひ車内の整理整頓も心掛けましょう。

煙草をすっているという人の場合には、車の中がたばこ臭いと査定の評価が下がってしまう可能性が大きいですから、消臭をしておくことをおすすめします。

煙草の消臭は、芳香剤などでごまかすのではなく、元から絶つようにします。

内装やシートなどニオイの元になっているところを水洗い(水拭き)するところからはじめましょう。

煙草の臭いによる減点は小さくないといわれていますので、時間をかけて念入りにやる価値はありますよ。

繰り返しになりますが、軽自動車を少しでも高く売りたいなら洗車、車内の掃除、そして消臭は必ずしておきましょう。

これだけで軽自動車査定の際にとてもポイントがアップするといわれていますから、少しでも高く売りたいのであれば掃除系はバッチリにしておくといいですね。


このページの先頭へ